NEWS

10.07.2018

2018 年 9 月 21 日(金)〜9 月 23 日(日) に高知県芸西村の家で...

『BBAT研修会2018』が開催されます!

BBATとは...?

 BBATは、生活の基盤である身体への気づきを高め、動きの質を促して機能的動きを高め、身体症状と共に 精神症状の改善に寄与するための治療プログラムとして開発されました。また、統合失調症者をはじめとする 精神疾患者の主体的な生活への変容を目指すメンタルヘルス領域で運動を主体とするリハビリテーションとし て実施されています。ヨーロッパでは、BBATが精神疾患者の治療として幅広く実践されており、対象者の生活の基盤となる身体への関わりに有効な方法論として普及することを期待されています。

 研修会の概要とプログラムは以下をご確認ください。皆様のご参加を心より楽しみにしています。

 ※参加される方は画像をクリック

ー概要ー

  • 主催:臨床精神科リハビリテーション研究会

  • 日程:2018 年 9 月 21 日(金)14:00 - 9 月...

22.03.2018

 2018年3月18-19日に兵庫県の神戸学院大学でBasic Body Awareness Methodlogy(BBAM)が開催されました!BBAMはBasic Body Awareness Therapy(BBAT)を学ぶための研修プログラムです。今年は他県から参加される方も多く、様々な意見を交換することができました。

 BBAMではBBATの方法論を学ぶと同時に、「動きの質」という新しいパラダイムを学習します。動きの質は「身体の構造」「身体の生理機能」「心理社会文化」「実存」の各パースペクティブ(専門 的な立場から捉えられる景色・モノ・コト)による人の総体として統合された現象と説明されます。動きの質の低下は、従来の理学療法が対象としてきた身体の構造や生理機能の不全状態だけでなく、心理社会文 化的、実存的にも影響を受けることから、メンタルヘルス関連疾患を対象とした場合には、より幅広い視野で対象者の動きを捉えることが重要となり、量的および質的側面の双方から対象者を捉えなければ...

28.10.2017

 2017年10月26-27日にWeston Norway University of Applied Science(ノルウェー)にて、世界理学療法連盟のサブグループの関連シンポジウム "Movement Quality and Movement Awareness Learning in Physiotherapy – the State of the Art BBAM 2003 - 2017" が開催されました。

(中央:IOPTMH会長 Michel Probst, 右:副会長 Liv Helvik Skjærven) 

 Yamamoto lab.の山本は日本におけるメンタルヘルスの理学療法教育についての講演を行い、石原はWeston Norway UniversityのOB(卒業生)としてポスター発表と運営のお手伝いをしました!

 シンポジウムのサブタイトルで示された"BBAM"とは、"​Basic Body Awareness Methodology"の略であり、メンタルヘルスお...

19.09.2017

2017年9月15日~17日の3日間でBBAT研修会 2017 in 高知を開催しました。
今回も多くの参加者にお集まりいただきありがとうございました。
台風の影響から3日目は研修を続けることができませんでしたが、有意義な研修になったと感じております。この研修が日々の臨床に役立つことを祈っております。

2017年12月16、17日で臨床精神科リハビリテーション研究会 in 高知(土佐リハビリテーションカレッジ)を盛りだくさんの内容で企画しております。こちらも詳細が決定次第情報をアップしていきます。

20.03.2017

BBAM-Japan 2017.Mar.18-20 『BARS認定講習Ⅰ』が3日間の研修を修了しました。
この研修では、Body Awareness Rating Scale(BARS)の技術を高めるために、自分の動きを質的な言葉を使って表現し、人の動きを質的な言葉を使って評価するための研修を行いました。
人の姿勢や動きを質的に評価することは、機能的な動き高めるために重要な視点となります。研修を通して、実際に参加者(セラピスト)の動きが安定し、より自由度を増してしなやかになっていきます。
次回の研修会は、高知県の芸西村の家9月に予定しています。6月頃には日程が確定します。関心のある方はぜひご参加ください。

Please reload

 Yama-lab.は「BBAM-Japan」、「臨床精神科リハビリテーション研究会」、「メンタルヘルスと運動 サイバー研究室」を立ち上げており、精神疾患と運動との関連性について研究を行っています。研究報告や研究会に関する連絡は、各々のページに記載しております。興味のある方は、ぜひご参照ください。

CONTACT >

T/F: 078-974-2276

E   : taisei@reha.kobegakuin.ac.jp

Copyright © 山本研究室

All Rights Reserved.

ABOUT US >