BBAM-Japan 2018が開催されました!

March 22, 2018

 

 2018年3月18-19日に兵庫県の神戸学院大学でBasic Body Awareness Methodlogy(BBAM)が開催されました!BBAMはBasic Body Awareness Therapy(BBAT)を学ぶための研修プログラムです。今年は他県から参加される方も多く、様々な意見を交換することができました。

 

 

 BBAMではBBATの方法論を学ぶと同時に、「動きの質」という新しいパラダイムを学習します。動きの質は「身体の構造」「身体の生理機能」「心理社会文化」「実存」の各パースペクティブ(専門 的な立場から捉えられる景色・モノ・コト)による人の総体として統合された現象と説明されます。動きの質の低下は、従来の理学療法が対象としてきた身体の構造や生理機能の不全状態だけでなく、心理社会文 化的、実存的にも影響を受けることから、メンタルヘルス関連疾患を対象とした場合には、より幅広い視野で対象者の動きを捉えることが重要となり、量的および質的側面の双方から対象者を捉えなければ、理学療法の主要な役割である機能的な動きを引き出すことは困難となります。

 

 今年のBBAMでは、動きの質の基礎理論に関する座学からBBATの体験・実践までを行い、対象者の機能的な動きを引き出せる方法論に重点をおきました。参加された方が、動きの質にも着目したアプローチを取り入れられることを願います。参加の有無は問いませんので、BBAMに関する質問がございましたらCONTACTよりメッセージをいただけますと幸いです。次は、夏に高知県でBBAT研修会を開催予定です。

 

 

 

 

Tags:

Please reload

 Yama-lab.は「BBAM-Japan」、「臨床精神科リハビリテーション研究会」、「メンタルヘルスと運動 サイバー研究室」を立ち上げており、精神疾患と運動との関連性について研究を行っています。研究報告や研究会に関する連絡は、各々のページに記載しております。興味のある方は、ぜひご参照ください。

CONTACT >

T/F: 078-974-2276

E   : taisei@reha.kobegakuin.ac.jp

Copyright © 山本研究室

All Rights Reserved.

ABOUT US >